FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレースを仕事にする場合

オートキャド(AutoCAD)LTを使っていても、画像データを貼り付けることが出来る。

そんなフリーソフトを紹介したついでに、スキャナーをとった画像を貼り付ける作業を例に挙げてみました。

そして、どうしてスキャナーをとった画像を貼り付ける必要があるのか、という部分もついでに書いておきました。

そこでトレースという職種を紹介した訳ですが、何となくイメージは掴めたでしょうか。

これを書いている今現在、トレースというのは既にもうそれほど特殊な技術が必要とされないという認識があります。

要するに、ちょっとイヤな言い方をすれば、誰でも頑張れば出来るレベルの仕事ということです。

これを「誰でも出来る仕事なんてやりたくない」と思うのか、それとも「誰でも出来るなら、まずはこれから入ってみるか」と思うのか。

それによって本人のスキルは大きく変わってきますが、どちらを選ぶかは本人次第ですから……

まあどちらを選んでも本人の自由、ということです。

トレースをする際には、オートキャド(AutoCAD)上にスキャンした図面のラスターデータを表示させます。

そんな状態の中で、私は線や円弧を使って丁寧に少しずつなぞっていくことになります。

図面の種類としては、建物とか機械の図面ではなくて、地図などの地形データが多いですね。

建物などきっちりとした形の図面は、既に寸法が分かっている部分が多いので、スキャンしてオートキャド(AutoCAD)でなぞる必要はありません。

ただ三角スケールを使って寸法を測っていき、その通りに作図していけばOKです。

こういうパターンの仕事も多いです。

私はどちらかというと、こうした「なぞらない」トレースの方が得意です。

地図などの図面は、水平垂直である部分が少ないので、寸法を測って作図すると膨大な時間がかかり、その上正確さを欠きます。

ですから、わざわざオートキャド(AutoCAD)の図面上にスキャンした図面を表示させているんですね。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。