FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者とはどんな状態を指すか

これはオートキャド(AutoCAD)に限った話ではありませんが…

なにか勉強していることについて「正しく」質問をすることは、意外に難しいものなんです。

「正しく質問」とか書くとちょっと大げさなので「相手に分かるような質問」くらいかな。

まあとにかく、自分がオートキャド(AutoCAD)の操作について疑問に思っていることを、相手に質問をするのは大変なんです。

最初にオートキャド(AutoCAD)の勉強を始めた頃は、分からないことと言えば「全て」になると思います。

これは私も経験してきたことだから、きっとどんな人も最初はそういうレベルなんだと思います。

だから「どこか分からないことがあったら言ってください」とか言われても、何から聞けば良いのかすら分かりません。

分からない部分が分からない、という状態がつまりは「初心者」ということになるのでしょう。

少なくとも私の場合はそんな感じでしたね。

負け惜しみを言う訳じゃないですけど、きっと今どれほどオートキャド(AutoCAD)に詳しい人も、最初はそうだったはず。

私の場合は質問をする相手なんていませんでしたから、そういう意味では質問に苦労をすることはありませんでしたが。

ついでに言うと、初心者の場合はオートキャド(AutoCAD)の勉強をするといっても、何から手をつければ良いのかが分からなかったりします。

何かオートキャド(AutoCAD)に関連することを勉強しなければという思いはあっても、具体的にどうすれば良いのかが分からない。

最初の一歩を踏み出さないと目的地にはたどり着かない。

それを分かっているけれど、どうやって踏み出せば良いのか、という部分で既に躓いてしまう訳です。

これは精神的につらい状態です。

この状態から脱却するには、とりあえずオートキャド(AutoCAD)の勉強を始めてみるしかありません。

なんだか矛盾していますが、とにかく何でも良いので行動を開始することが大事なんですよね。

歩き出さないと景色は変わらないし、景色が変わらないと分からないことはたくさんあるんです。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。