FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の方が良いとは言え…

前回はオートキャド(AutoCAD)を実際に仕事で使う場合と、練習をする場合の大きな違いについて説明しました。

当然の話ですが、練習よりも実際の仕事をする方が、受けるプレッシャーが大きいという話です。

受けるプレッシャーが大きい方が、ミスをした場合のダメージが大きいけれど、その分覚えるのは早い。

…という傾向にあります。

もちろん、あまりにもプレッシャーが大きすぎると、萎縮してしまってそれどころじゃない場合もありますけど。

少なくとも練習よりも仕事の方が、オートキャド(AutoCAD)を覚えるのが早いということに間違いはないでしょう。


だけど…


この問題は、オートキャド(AutoCAD)の練習をしている段階で、練習をしている本人にはどうしようもない問題なんですよね。

なので、お客さんがいない練習は練習と割り切って、テクニックを磨く目的できっちりと進めるしかありません。

ただし、少なくとも自分で作図した図面は自分でしっかりと見て、何か改善出来るものはないかを考える癖をつけるようにしましょう。

そうする方が、オートキャド(AutoCAD)のスキルアップは早いはずですから。

逆に言えば、何も考えずに工夫もしないで図面を作図しても、スキルアップにはあまり役に立たないということです。

また、自分の作図した図面を見直すという作業は、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使うようになってからも良く行う作業です。

ここで面倒がらないでそうした癖をつけておくことは、今後の為にとても大事なことだと言えるでしょう。

私も仕事がたて込んでいる時には、作図した図面を見直すのが面倒に感じることがあります。

でも、やっぱり忙しい時こそ図面を見直す作業が大事になってきます。

忙しいと言うことは、急いでオートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図したということですから、間違いも多いんですね。

こういう話はオートキャド(AutoCAD)のマニュアルには載っていないかも知れませんが…

どんなに真剣に図面を作図しても、実際紙に印刷してみると、必ずと言って良いほど間違いはあるものです。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。