FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作図スピードと正確な図面の関係

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を書く仕事をする際に、最も重要なポイントはどこにあるか。

前回はそのあたりの話をしてみました。

正確で間違いのない図面を書くというのは、オートキャド(AutoCAD)のスキルに関係なく、誰にでも目指すことが出来る。

実際に実行するのが難しいことではありますが、ぜひともそういう作図者を目指して欲しいと思います。

実際の仕事をしていると、やっぱり「信頼出来る内容」というのは、非常にありがたい存在ですからね。

ただし…

「正確な図面」についてもう少し深く考えてみると、オートキャド(AutoCAD)の作図スピードが無関係ではない、ということが分かります。

正確さが何よりも重要ではありますが、何も作図スピードが全然大事じゃない訳じゃない(変な表現ですが…)という事です。

これらはお互いに深く関係しあっていて、どちらか一方を極めるとか、そういう関係にはないんです。

オートキャド(AutoCAD)の操作が早ければ、当然のように図面の完成も早いことになります。

完成が早いということは、その分だけ余裕をもって図面をチェック出来る時間が増えると言うこと。

そうなると、オートキャド(AutoCAD)の「作図スピード」が早ければ早いほど、「正確さ」が高まる傾向にある。

そういう話になる訳です。

もちろん、オートキャド(AutoCAD)の作図スピードが速いことと、図面の正確さはイコールではありません。

素早く図面を書いていって、特にチェックをしないでどんどん進んでいくような人であれば、作図した図面は全然正確じゃないですから。

でも、図面チェックに費やすことが出来る時間が多いのはどちらか、という点を考えると、関係ないとは言えませんよね。

必要なのは、正確な図面を書こうとする姿勢。

これは完全にオートキャド(AutoCAD)の操作スピードとは無関係ですが、作図スピードの速い人がこの姿勢を身につけたら最強です。

いくら正確な図面を書こうとしても、要求されている時間に間に合いそうもなければ、チェックをする時間がとれないですから。

そういう意味では、やっぱり作図が速いことに超したことはない、ということになる訳ですね。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。