FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事で失敗することで得るもの

仕事で苦労と失敗をして、冷や汗を垂れ流した分だけ、オートキャド(AutoCAD)のスキルは高まっていく。

こういう話は本などを読むと載っていたりしますが、私の経験からも事実であることを保証します。

私の保証なんて何の役にも立たないですけど、これは本当です。

もちろん、ただ単に失敗をするだけじゃ効果は薄くて、ツライ思いをするだけで終わるのでお勧めは出来ません。

そうじゃなくて、色々と考えながら全力で仕事にぶつかって、それでも失敗をすることに意味があるんです。

まあそこまでやったら失敗なんてしたくないのが本音ですが…失敗する時はそうやっても失敗をするから大丈夫です。

全力でやった結果が失敗だったら、もうすがすがしい気持ちになって謝るしかありませんよね。

そこで言い訳をするのは格好悪いですし、なにより効果が全然ないというデメリットしかないのでヤメておきましょう。

そういうのは一時的に自分が少しだけスッキリするだけですから。

言い訳をして自分が100%スッキリするのなら、言い訳にもメリットがあると思います。

でも実際には、多分5%くらいしかスッキリしないし、そんなに少しなら言い訳なんてしない方がマシ。

そして失敗をした際には、「今回は何がいけなかったのか、次回はどうすれば良いと思うか」という反省も必要。

作業 → 失敗 → 反省 → 改良した作業 → 失敗 …というサイクルを繰り返す。

そうすると、あっという間にオートキャド(AutoCAD)のスキルは上がっていくはずです。

失敗をして怒られるなんて一瞬のことですし、恥ずかしい思いをしたとしても、それが一生続く訳じゃない。

そして、失敗をしない人なんてどこにもいません。

だから、もしそういう厳しい状況に遭遇したとしても、それは自分を成長させる為のステップなんだと思うことをお勧めします。

それは事実なんだから、そう思った方がトクだと思いますよ。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。