FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅勤務で必要になる道具

なんだかオートキャド(AutoCAD)を使った在宅勤務をする為の「心構え」みたいな話ばっかりしています。

こういう心構えというのは、書くのは割と簡単で、それを実際に実行するのは難しかったりします。

だから口だけにならないように、私もここで書いていることをしっかりと実行したいと思っています。

今回は、心構えみたいな話ばかりじゃなくて、実際に在宅勤務をする際に必要となる物について書いてみます。

在宅勤務でオートキャド(AutoCAD)を使うというのは、要するに図面を作図するということです。

自宅でオートキャド(AutoCAD)を使って図面を書いて、そのデータを取引先にメールで送る。

これで仕事は完了、簡単ですね。

仕事の内容は簡単じゃないですけど、手順としては非常にシンプルで、私も在宅勤務に憧れます。

そして、実際に在宅勤務で図面を書いた際には、図した図面を印刷出来る環境が必要になります。

自分で作図した図面はメールでオートキャド(AutoCAD)データを送れば済むことがほとんどです。

でも、自分の作図した図面は一度印刷してチェックをしなければ「商品」にはなり得ません。

以前にも少し書きましたが、正確ではない図面というのは、相手に大きな迷惑をかけることになるから。

これはオートキャド(AutoCAD)のスキル以前の問題ですから、作図した図面は必ず一度見直す習慣をつけるようにしましょう。

そしてその為には、最低でもA3サイズの図面を印刷することが出来る環境が必要です。

家庭用のプリンターは大抵A4ですが、A4というのは書類で使われる紙のサイズです。

図面の世界では小さくてもA3サイズですから、少なくとも最低限の設備投資は必要になります。

本当はA1サイズのプロッタがあると良いんですけど、スペースを取りすぎるので、あまりお勧めは出来ません。

在宅の仕事が軌道に乗った際に、そういうプラスアルファの設備投資は考えれば良いんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。