FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽を聴きながら仕事

前回は仕事をする上での集中力について触れ、集中力を維持する為に音楽を聴く人もいる、という話をしました。

もちろんこれは人によって好みに違いが出ることですから、私の話はあくまでも一例として読んで貰えればと思います。

ちなみに私は音楽を聴きながら仕事をする方です。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際には、やはり音楽を聴きながら作業した方が進みが良いような気がします。

特に、もう残り時間が少なくて、急いで作図をしなくてはならない場合には効果が高い傾向にありますね。

もちろん「音楽を聴いた場合」と「音楽を聴かなかった場合」に分けて、ストップウォッチで計った訳ではありませんが。

それでも、今まで長いことこの仕事をやってきた中で感じる事ですから、それほどデタラメでもないと思います。

では、実際に音楽を聴きながら作業をすると進むのは、一体どんな理由があるのでしょうか。

……という結論が出そうもないことを色々と考えてみましたが、結局のところはよく分かりません。

その場の雰囲気と言ってしまえば正解のような気がしますし、何だか違うような気もします。

難しいですね。

でも、オートキャド(AutoCAD)に限らず、仕事をする上で「勢い」というのは結構大事な部分です。

その「勢い」をつける手段として、音楽をかけるという選択肢がある、というのは結構説得力があるんじゃないかと思います。

ただし、これまた何故かは分からないんですけど、仕事をする中で音楽を聴いているのは、最初の頃だけなんですよね。

これは当然人によって違うはずですけど、少なくとも私の場合はそんなパターンで音楽がかけられたり止まったりしました。

オートキャド(AutoCAD)での仕事に着手する際には、ちょっと勢いのある音楽をかけて始めます。

でも図面の作図が少しずつ進んでいくと、いつの間にか音楽を聴いていない状態になるんです。

仕事を進めていくうちに集中してきて、音楽が必要なくなったのだと思いますが、大体いつもこんなパターンです。

ちょっと不思議な話ですね。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。