FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加ボタンが登場するタイミング

マウスの追加ボタンには、オートキャド(AutoCAD)の機能を割り当てるのがお勧めです。

そうすると、コマンド入力をしたりアイコンをクリックしたりせずに、マウスのボタンを押すだけでコマンドを実行することが出来ます。

これは非常に便利な機能ですから、ぜひ試してみて欲しいオートキャド(AutoCAD)の機能のひとつです。

まあ正確にはオートキャド(AutoCAD)の機能ではなく、マウス独自の機能を利用する事になりますけど。

ではここで質問。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を書く際に、一番よく使うコマンドは何でしょうか。

自分がどんなやり方で図面を書くのかを想像(というか思い出し)して、どのコマンドが一番使われるかを確認してみましょう。

私の場合だと「プロパティコピー」とか「選択したオブジェクトを現在層にする」とか、そういう感じの機能かな。

もちろんこれは人によって違いますから、私と同じである必要はどこにもありませんよ。

そして「これかな?」と思うコマンドが浮かんだら、それをマウスの追加ボタンに設定してみることをお勧めします。

追加ボタンによるコマンドの実行は、恐らくどんなやり方よりもコマンドを実行するまでの時間が短いです。

だから、図面を書く作業の中で、一番よく使うコマンドを割り当てておくのが効率的だと思います。

よく使うオートキャド(AutoCAD)のコマンドは、コマンドエイリアスに登録すると便利です。

なぜなら、コマンドを実行するまでにかかる時間が短くなってくれる、という単純な理由があるから。

マウスの追加ボタンにオートキャド(AutoCAD)のコマンドを割り当てるのは、その考え方が延長にあるからです。

よく使うコマンドであればある程、実行をスムーズにしておく。

それが実現すれば、オートキャド(AutoCAD)の作業効率は飛躍的に高くなります。

その為の強力な助けになり得るのが、マウスの追加ボタン設定である、ということですね。

スポンサーサイト

Appendix

お勧め商品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。